受検まで

中学受験とピアノの両立はできる!できないと思う理由は親の理由!?

 

中学受験のために習い事(ピアノ)やめようと考えていますか?

ピアノと受験の相乗効果があります。

受験の助けになることは間違いないと思います。

 

みみこ

我が家の場合

ピアノを週に1回・毎日30分の練習・大手塾通い・志望校の公立中高一貫校に合格しました。

ピアノに助けられた事がたくさんありましたので、

受験とピアノの両立を考えて迷っている方に読んでいただけたらと思います。

 

 

中学受験・受検とピアノの両立はできる理由とできない理由。

 

習い事のピアノ ぜひ続けてほしいと思い記事にします。

 

両立できる理由と、できないと思ってしまう理由をあげていきます。

 

 

両立はできる理由

 

  1. ピアノを奏でる事はリラックスである。
  2. ピアノの発表会は受験当日の度胸に似ている。

 

1.ピアノを奏でる事はリラックスである。

 

ピアノを習い事として大きく位置付けてしまうと、中学受験塾とピアノ、そして毎日の練習が両立できない!と身構えてしまうでしょう。

 

音楽を楽しむ気持ちを持つとよいですね。

 

ピアノが好きであるならば、

 

受験勉強の合間にほっと一息、ピアノに向かって自分の好きな曲を奏でることがとてもいいリラックスになります。

 

簡単な曲でも、自分が好きな曲でいいんです

 

レッスン時間の、週1日の30分、45分時間だけとりたいものです。

 

もちろん、勉強で切羽詰まっている時ももちろんあります、待ち時間に計算問題するのもいいと思います。

 

ことわざ帳をめくることもいいです。

 

わざわざ教室までいって時間をとってしまうピアノレッスンですが、毎日家で練習をする(好きな曲をひく)モチベーションのためともいえます。

 

 

机に向かってつかれたら、ピアノに向かって心を和ませてください。

 

元気な曲を弾いて、げんきをだしたり、

 

ちょっと激しい曲を弾いて、ストレスを発散するのもとても良いです。

 

 

※ピアノの先生にはもちろん、受験するということは伝えておくことは忘れないでくださいね。

 

ペースをゆっくりにしてもらったり、いまはこの曲をゆったりと弾いていきたい等、先生と相談していくと受験とピアノレッスンもっとうまく付き合えます!

 

 

2.ピアノの発表会は受験当日の度胸に似ている。

 

ピアノ教室に通うと年に1度ほど、発表会があります。

 

受験・受検直前の発表会はこどもの気持ちと相談でよいと思いますが、

 

5年生6年生の夏くらいまでの発表会は参加できるのではないかと思います。

 

 

発表会にむけて1曲仕上げるのは本当に大変で、毎日の練習の賜物以外ないですね。

 

そしてステージに立っての一発勝負。

 

受験・受検も同じです

 

毎日の積み重ねがたった数時間のテストで試されます

 

似ていると思いませんか。

 

度胸がつきます。

 

一発勝負なのにどちらも変わりはありません

 

むしろ、受験は教科のテストの中で、間違いを見つけたら消しゴムで消して答えを修正して書いて提出することが可能です。

 

では、ピアノの発表会を考えてみてください。

 

ピアノの発表会は、ミスタッチひとつでも聴いているひとにわかってしまうものですよね。

 

完全な一発勝負だなって思っています。

 

楽しく弾くがもちろん第一ですが、ピアノのにはそんな挑戦できる機会が備わっているのです。

 

受験に精神的な面で大きな助け

 

となってくれるはずです。

 

 

両立はできないと思ってしまう理由

 

  1. 子にかける負担を心配
  2. 家庭の事情(金銭面)

 

1.こどもに負担ではないかと心配する

 

中学受験塾は、基本的に4年生で週2日、5年生で週3日、6年生になると週3日に加えて●●講座とかま●●テスト等、とてもいそがしいですね。

 

長い時間、塾で時間を拘束されます。

 

ピアノをリラックスと考えずに、習い事とくくってしまうと、こどもに拘束させる時間がさらにかかってしまうと心配したり、

 

ピアノの時間があれば、問題を1問解けるとか、勉強している子に負けてしまうなどの考えが巡ってきてしまいます

 

そうすると、小学校〇年生になったら、ピアノはお休みしようか?という提案を親がしていませんか

 

フラットな状態で、こどもに選択させてみてはいかがでしょうか。

 

 

2.家庭の事情(金銭面)

 

中学受験・受検を決めるとき、塾に通うのが一般的となってきました。

 

塾費用はかなり高いですね!ほかの習い事との両立は、金銭的にきついかもしれません

 

我が家にとっても結構な負担はかかったのは事実でした。

 

こればかりは、どちらかを取らないといけない状況という事もあります。

 

ただ、もし頑張れるのであれば、子供が希望するなら、続けさせてあげれればなと思います。

 

レッスンに通わなくても、家の中で時間を決めてピアノを弾く時間をもつなどの工夫もできるといいですね。

 

 

まとめー受験・受検にピアノの効果は大ー

 

ピアノどうする?
つづけたい!

 

こう答えが返ってきたら、

 

中学受験のためにピアノはかなりの相乗効果を期待できます。

 

楽譜を読んで、右手と左手を同時に動かして、しかも暗譜までするピアノは、脳にも大変よいと言われています。

 

休んだり、レッスンを辞めたりする理由はないと思います。

 

なにより子供がピアノが好きであるなら、続けさせてあげたい気持ちと、受検・受検の合間のリラックス効果にも期待したいです。

 

もし、ピアノはどうしたい?と子供にきいて、

 

どっちでもいいよと、返答が子供からきたのであれば、我が家は、スパッと辞めさせるつもりでした。

 

今思うと、ピアノをどうする?続ける?なんて聞かなくてもいいのかもしれません。

 

受験前から、音楽を楽しむ気持ちでピアノと友達になれている状態が望ましいと思いました。

 

実際に中学受験・受検で合格をもらった友達の多くは、勉強以外の何かにも一生懸命に打ち込んでいた子ばかりに感じます

 

そして入学後も、ピアノのブランクなしにまた好きなピアノを始められますように。

 

 

-受検まで
-,