受検まで

公立中高一貫校の受検【適性検査・作文対策】にはこども新聞で対策を!

 

中学受験・受検の過去問題集を始めてひらいてみた時

この量を小学生が読み解けるのか!

とおどろいたことはありませんか。

試験の時間内に大量の問題を理解し、解く能力

最近ふえてきている考えさせる能力 思考力

に太刀打ちするためには、こども(小学生)新聞が役立ちます。

 

中学受験・受検には、こども新聞購読がおすすめ

 

小学6年の受験日までに読む力をつけておきたいですね。

 

図書館の本はよくよむよという方が、

 

このサイトを見てくれていることでしょう。

 

もし受験・受検は、その更に上をねらいましょう!

 

公立中高一貫校の受検には作文が課される場合がよくあります。

 

どんなテーマを与えられてもよいように、時事問題に触れておくことはとても大切です

 

テレビでももちろん良いですが、活字で読むことにより、より頭を働かせることができます

 

受験・受検には、その年1年間に起きた事柄や、注目されたことなどが出ることも多いです。

 

小学生新聞・子供新聞は、子供の興味をひくように、カラー印刷であったり、時事問題ばかりでなく、流行りのファッションなども掲載されています。

 

親ができることは、新聞をとる

 

そこに新聞があれば、子供はよみます

 

なぜなら、面白いからです

 

そんな小学生でも興味を持ってよめるこども新聞3社を紹介します。

 

3社 読売KODOMO新聞 朝日小学生新聞 毎日小学生新聞 比較

 

3社、どれを選ぶかはお子さんと相談や金額と相談してみるのが良いと思います。

またそれぞれお試し期間が、設けられているので、3社試してみて、子供が気に入ったものを選ぶという選択肢もいいですね。

 

読売KODOMO新聞 毎週木曜発行 20ページ 月額 550円(税込)
朝日小学生新聞 毎日発行 8ページ 月額 2100円(税込)
毎日小学生新聞 毎日発行 8ページ(土は12ページ) 月額 1750円(税込)

 

それでは、詳しく1社ずつ見ていきましょう。

 

 

読売KODOMO新聞

 

まず初めて新聞を手にするのであれば、読売KODOMO新聞をおすすめします。

 

金額的にもほぼワンコインです。

 

どの新聞社もカラーですが、読売KODOMO新聞はこども達が興味をひくように写真を多く用いたりしています。

発行は週1ですが、20ページあるので、時事問題から英語学習のページ、日々役立つ記事、ニュース探偵コナンの漫画も考えさせる作り、巷ではやっているものまですべてを網羅しているといえます。

 

読売KODOMO新聞 詳しくはコチラ

 

我が家は上の子が小学2年生の時から読売KODOMO新聞を取り続けています。7年目です。

 

おすすめ度 ★★★★★

 

 

朝日小学生新聞

 

受験につよいと言えば、朝日小学生新聞だともいます

 

一般の朝日新聞にある「天声人語」ならぬ、小学生新聞には、なんと「天声こども語」コラムがあります!

 

受験につよいというのは、学習コンテンツの割合が多いです。

 

毎日習慣づけて一定の量をよみ、難関私立受験にむけている小学生はぜひ朝日小学生新聞が適しているのではないでしょうか。

 

 

朝日小学生新聞 詳しくはコチラ

 

 

毎日小学生新聞

 

三大小学生新聞のなかで一番最初にできたものが毎日小学生新聞です。

 

こちらも毎日発行ですので、届いたら読むという習慣づけができればかなりの読解量になることはまちがいありません。

 

すこし子供向けの新聞というよりは他2社にくらべ、写真や絵の配置が高学年向きという感じはします。

 

 

人気度は他2社に比べると劣りますが、毎日小学生新聞で魅力的なところを紹介します。

 

毎週金曜日発行で「学びや」というページがあります。

 

名私立中学の先生による特別授業のコーナー。

 

2022年度は豊島岡中、渋谷教育学園幕張中、女子美術大学付属中、栄光学園中の先生が担当しています

 

志望校が上記にあるならば、その学校の先生の授業を受けられている感じで、とても魅力的ですね。

 

そしてもう一つ、毎週土曜日には、中高生向けのニュース解説「15歳のニュース」4ページついてきます。

 

小学校低学年から読み始め、読解力がかなりのものとなり、高学年になり中高生新聞もよみたいというご家庭にはもってこいですね。

 

毎日小学生新聞 詳しくはコチラ

 

 

 

実際にこども新聞をとってみて

 

上の子が小1の時に祖父が1年間契約して届いたのは「毎日小学生新聞」でした。

 

我が子は本をよむのが好きな子でしたが、小学1年生の子にとっては、量が多すぎたようです。毎日届きますので、読まずに積み重なっていくことが多かったです。

 

毎日小学生新聞の購読は1年足らずストップしました。

 

 

ストップはしたものの、小学生新聞はとてもよいものだと、その時から考えていたので、毎日・朝日・読売と調べた結果、小2からは「読売KODOMO新聞」をとってみることにしました。

 

決め手は週1ということ、

 

写真などもカラフルで、こどもが自分から手に取りやすいところです。

 

時事問題から流行まですべてを網羅していますし、我が子は、小学生のファッションのページを毎週楽しみにしていました。

 

ファッションのページを楽しみにしていたっていいんです。

 

新聞を開けば、それ以外のページも必然と目に入ってきます。ほぼすべて読んでいました。

 

実際に上の子の中学受験に役立ったかというと、もちろんです。

 

冒頭にも書いた通り、中学受験の過去問をみていただくと、これが小学生が試験時間内に読み解く量なのかと思うことがあります。

 

子供新聞でふだんから読解力をつけることが最重要となります。

 

我が子の受験には作文もありましたので、提示された問題提起にたいしてどう自分で考えるか記述しなければなりません。

 

小学生新聞をよんでいると、文章のまとめ方、書き方までも参考になります。

 

読解力に関しては好きな読書でも可能ですが、

 

やはり時事問題をいれるには新聞は欠かせないと思います。

 

テレビのニュースでも可能ですが、自分で文字を読んで理解すると脳に残る力が違います。

 

さらに、こども新聞の内容を週に1回でも家族で話合う時間を設けてください。

 

自分の意見を持ち、口に出して表現する能力が付きます。

 

なんでもよいのです、一つのニュースに対して、何が原因だと思うか、いや私はそうは思わない。であるとか。

 

自分の意見を持つことがとても大事となります。

 

子供新聞ですが、作文に強いとかきましたが、中学受験の面接にもちからを発揮してくれるはずです

フリー素材:「いらすとや」

 

 

 

-受検まで
-,