学校生活

公立中高一貫校は本当にお金がかからないって本当?【実際にかかる学校費用を公開します!】

 

みみこ

近年、公立中高一貫校がどんどんふえてきていています!

私立に6年間行かせるには、お金がちょっと厳しいけど、

公立中高一貫校は、授業料は無料なの?

実際に通わせている我が家の費用公開します。

一般的な所得家庭でも通えるの?

かかる費用の内訳を細かくお伝えします!

 

公立中高一貫校で実際にかかる費用は?

 

公立中高一貫校(中学部)にかかる初年度費用(首都圏)【近隣中学との比較】

 

我が家の近隣の私立中と比較(概算)

初年度

 

公立中高一貫校中学部 私立(近隣の私立中)
入学金・寄付金 なし 20万+寄付金
授業料・教科書代 なし 37万
副教材他費用 6万円 授業料に含む
施設設備費 なし 13万
運営費 なし 5万
修学旅行・海外研修積立 12万円 12万
PTA会費・生徒会会費 1万円 2万円
19万 89万超

 

入学金・寄付金

 

公立中高一貫校の入学金はもちろん0円です。

 

私立中学は入学金が平均して20万円程かかるのに対し、0円はとてもありがたいです。

 

また多くの私立中は寄付金のお願いがきますが、公立中なので、もちろん寄付金もありません

 

 

授業料・教科書代は0円。副教材費用【要注意】

 

公立中高一貫校の中学部の授業料はもちろん0円です。

 

教科書代も小学校で配られたように、中学校でも無料で配られます。

 

ここまでは0円です。

 

私立中の授業料は月額3万円超ですので、公立中高一貫校の授業料無料は大きいです

 

学区の公立中はもちろん無料ですが、なぜ公立中高一貫校へいきたいか?

 

ここでの違いは、一歩進んだ授業をうけられるという利点があります。

 

その点で、コストパフォーマンスは最高といえます。

 

次は副教材費です。

 

ここは特に注意してください。

 

公立中高一貫校の副教材費用は約6万円でした。

 

この金額は学区の公立中と比べて高いといえます。

 

この6万円の内訳をざっくりですが、紹介いたします。

 

5教科の副教材が山のようにあります。

 

漢字練習辞典・英語必修テキスト・速読英単語・社会科資料・数学発展問題集・理科辞典など(記載したものはごく一部です)、市販で販売されているテキストなどが、この費用です。

 

とくかく問題集がおおく、たくさん勉強してくださいという事ですね。

 

この副教材費用のなかには、生徒手帳やクリアファイルなど学校で使用する一般的な費用も入っています。

 

 

施設充実費・運営費

 

施設充実費も公立中高一貫校では無料です。

 

私立中学は必ず必須の費用となっていますね。もちろん、私立中学へいってみるとわかりますが、【きれい!】です。

 

かといって、公立中高一貫校がきたないかというと、それはまた別の問題で、ほぼ学区の中学や、公立高校と変わらないレベルです。

 

ただ、現在は、公立中高一貫校に力をいれている自治体もおおく、モデル校としているケースも多くみられ、学校施設にも力を入れ始めているようです。

 

今後に期待したいところです。

 

運営費用も、公立ですので一切かかりません。

 

 

修学旅行・海外研修積立金

 

約12万です。月額1万円の積み立て金額です。

 

私立中学でもこのくらいの金額です。私立と大差ありません。

 

中学部までは国内修学旅行、高等部では海外研修の積み立てを行う学校が多いようです。

 

学区内の公立中と比べると、この金額は多いですので、

 

公立だからかかる費用は大体同じととらえていると、公立中高一貫校の修学旅行費用は、要注意です。

 

PTA会費・生徒会会費

 

PTA会費・生徒会会費は、ほぼ学区の公立中学と同じです。

 

私立と比べると1/2の金額となっていますね。

 

 

忘れてはいけないのが交通費・そしてお得な給食費

 

交通費の出費は大。【要注意】

 

忘れていけないのは交通費です。

 

学区の中学に進学となれば、家から歩いて行ける範囲、もしくは自転車で行ける範囲がほとんどです。

 

しかし、公立中高一貫校が家のすぐ近くという場合を除いては、ほとんどの生徒は電車やバスを利用して遠くから通学しています。

 

学区の中学への通学が0円とすると、公立中高一貫校は交通費がかかります。

 

受験する学校までに交通費を事前に調べておきましょう

 

ちなみに我が家は月額1万円程かかっています。

 

JRを利用する場合は、通学定期が本当に安いので気にするほどではないのですが、私鉄や私営バスを利用する場合は定期を購入してもけっこうな金額になります。

 

 

給食はでるの?給食費は?

 

公立の中高一貫校の中学部は給食が出るところが多いようです。

栄養管理もばっちりで、とても財布に優しいところです。

給食費も1食 約350円。

長期休暇やお弁当日などもありますので、月額約4000円程度となります。

私立ですと、お弁当や学校内の食堂で昼食をとるがっこうが多いので、親の負担も少なくすみます。

 

 

まとめ:公立中高一貫校にかかる金額【月額3万円】はお得

 

学校に支払う金額が年間約20万円

給食費が年間約5万円

交通費が多くみて年間約12万
(学校🔁家の通学によります。)

 

我が家のケースですが、

 

合計で37万÷12か月=月額3万円というざっと計算になります。

 

私立中学に比べれば1/3の金額ですね。

学区の公立中にくらべると約2倍でしょうか。

 

月額3万という金額ですが、高いと考えるか安いと考えるか、どちらでしょうか。

 

学びの面で考えると、質の高い授業が展開されています。

 

先生たちはもちろん公立の先生が教えるわけですが、とても一生懸命な先生たちばかりです。

 

授業進度も私立中の授業とかわりません。

 

中高一貫なので6年を通して大学受験にのぞみます。受験する学校のレベルや合格率もとても高いです。

 

そう考えると、月額3万という金額は、とてもコストパフォーマンスが高いはずです。

 

ただ、施設や校舎に新しさ・ハイテクさ・などを求めるのであれば、お金はかかりますが、もっぱら私立優勢です。

 

公立中高一貫校にかかる金額、思ったより安かったですか?高かったでしょうか?

 

これから受験・受検をかんがえる情報の一つにしていただきたいと思います。

 

公立中高一貫校、コストパフォーマンスは最高です

 

「いらすとや」イラスト使用

-学校生活
-