受検まで

公立中高一貫校にぴったりな子・向いているのはどんな子?

中学進学は大きく3つの学校の選択肢があります。

①学区の中学へ進学

②私立中学へ受験

公立中高一貫校へ受検

 

今回は、③公立中高一貫校に向いている子がどんな子かです

 

 

みみこ

投稿者みみこは公立中高一貫校へ通う子供を持ちます。

我が子の友達に結構な特徴を見つけましたので綴ります。

 

こんな方におすすめ

  • これから公立中高一貫校への受検を考えている方へ
  • 自分の子へピッタリの中学はどこだろうと考えている方へ

 

公立中高一貫校にピッタリの子・合格しやすい子・向いている子

 

大きく3つのタイプを挙げます。

 

①学校の行事に積極的に参加している子

②特技のある子・習い事も両立している子

③こどもの好奇心を応援する親!

 

 

①学校の行事に積極的に参加している子

 

運動会でも実行委員を自分から申し出たり、

 

クラブの部長をやりたいと立候補する、

 

自分の意見をしっかり持ってそれを表に出していく子は、特に向いています。

 

なんでも好奇心をもち、やってみたいという気持ちが強い子です。

 

公立一貫校の掲げる精神としてリーダーシップを求める学校が多いです。

 

ここでのメリットは、公立中高一貫校の受検には小学校からの調査書の点数が加算されますので、

 

学校によっては点数化されることもありますね。

 

小学校の先生からもよい印象のコメントを書いてもらえるでしょう!

 

点数の裏事情だけではなく、

 

実際に入学した後に、

 

リーダーシップのある子が多く集まっていますので、その中で自分を表にどんどん出していける子にピッタリなのです。

 

 

②特技のある子・習い事も両立している子

 

なぜか、我が子の同級生にはとびぬけた特技のある子が多くいます。

 

受検は適性検査や面接で行われるので、

 

テストの点数で選んでいることは確かなはずですが、

 

特技や能力のある子を、引っ張っているのではないかと、錯覚してしまうくらいです。

 

志願書には自分のアピールポイントを記載するところもありますね。

 

だからでしょうか? 特技のある子が多いという印象を受けました。

 

例えば、

 

絵がべらぼうに上手い子

入学時点で英検2級取得している子

漫画をかかせたらピカいちの子

ピアノコンクールで優勝している子

水泳選手権に出ている子等

そのほかも各方面で賞をとっているお子さんがとても多いです。

 

 

テストの話に戻りますが、

 

適性検査の範囲は、基本的に小学校で習う範囲とされています。

 

もちろん応用問題はでますが、私立受験のような難しい知識問題は出ません。

 

公立中高一貫校受検には、それほど詰め込む知識や時間が必要ないという理由でしょうか。

 

受検もがんばるけれど、じぶんの特技や好きなことも続けるという子が多いのかもしれません。

 

 

③こどもの好奇心を応援する親!

 

最後のひとつは、こどもの好奇心を応援する親!と書かせていただきました。

 

受検は競争です。テストの点数によって合否がきまるのは変わりありません。

 

適性検査のテストでは、思考力が試されます。

 

つねに自分のまわりの事柄や物にアンテナをはって、

 

なんだろう?やってみよう!

 

という気持ちを持つことが、大きな力となると塾の先生がおっしゃっていました。

 

テストの偏差値では測れない検査です。

 

点数ばかりに気を取られることなく、子供のやりたいことを同時に応援してあげる親の気持ちも、合格への近道なのかもしれません。

 

 

実際投稿者みみこは、子供の受検にも一生懸命すぎるところもありました。

 

実は偏差値ももちろん気にして、一喜一憂していました。

 

しかし、子供の好奇心だけは、つぶさないでおこうと思っていました

 

こどものピアノ伴奏のオーディション練習では、受検直前でも私自身、我が子の伴奏に合わせ、大きな声で歌っていました。

 

勉強以外もやりたい!という気持ちが強い子は、特に公立中高一貫校に合格しやすいですし、入学後も楽しめるはずです。

 

中学受験・受検は親子で勝ち取りたいですね。

 

 

 

こちらもどうぞ!

我が家の中学受検とピアノ習い事の両立の記事を書いています↓↓

中学受験とピアノの両立はできる!

 

 

イラスト【ぱくたそ】さんより

 

-受検まで
-,