受検まで

【公立中高一貫校の志願書の実態】塾に添削してもらうと。驚き!

 

公立中高一貫校の合格へむけて、

現在塾へ行かず挑戦している方も多いと思います。

 

公立中高一貫校の志願書を書く時期に入ってきましたでしょうか。

基礎問題の最終確認にはいったり、

過去問にどんどん挑戦している頃かと思います。

作文の練習もされているかもしれません。

 

みみこ

 

今回は、志願書の書き方で基本的な書き方から、

 

我が家が驚いた事をまとめました。

 

合格をいただきました志願書作成ですので、

 

参考になると思います。

 

 

こんな方に読んでいただきたい

  • 塾へ行かず公立中高一貫校受検、志願書の書き方に迷っている方
  • 塾の先生に、志願書をみてもらったけれど、本当にこれでいいの?と疑問のある方。

 

公立中高一貫校受検の志願書はこう書こう!

 

志願書の実態!

塾へ通っている子たちは、志願書をまず書いたら、

塾の先生にもってくるよう言われています。

(我が家も塾の先生にみてもらいました。)

子供が自分で書いた後、先生が添削してくださるのです。

添削された志願書が戻ってきまして、その文章をみて驚きました。

「こんな文章を小学生が書ける・書くわけないよね。」

というのが第一印象でした。

塾なしで頑張っている方がいましたら、是非参考にしていただきたいと思います

 

以下は塾の先生から指導を受けた内容です。

 

よい書き方・悪い書き方

 

1人称の表現

 

私は(わたしは)(わたくしは)と記載します。

男の子でもおなじです。

 

「学校」の表現

 

 貴校

× この学校

 

1回目の表現は〇〇〇学校と学校名をいれてもOK。

2回目以降の表現は、「貴校」と記載する。

 

※こどもが書くから、という理由で子供らしい表現のほうがよい?

こたえはNOでした。

受検してくる子の志願書の内容レベルは高いので、それに対抗できる文書を作成しましょう!

 

 

志願理由

 

志願理由として、書いてはいけないことですが、

 

「実際に通いやすい距離だから」という理由は、実際おおいにあると思います。

 

しかし、そのまま真面目に書かないでくださいね。

 

志願理由 よくない例

× 御校は私の家からとても近いので志望いたします。

 

 

また、ありきたりの事を書くと、ほかの受検生との差別化がはかれませんのでご注意ください。

 

例えば、学校で有名・人気があるものをそのまま書く

 

 私は、貴校のラクロス部に惹かれました。入学したら、私もぜひラクロス部に入部して楽しみたいです。

 

※中学入学以前からラクロスをやっていて、その学校でも続けたい、そんな確固たる理由がある場合は、もっと膨らませることができるのでOKとのことです。

 

将来の夢

 

添削前の文章の例

 

× 私は将来作家になりたいと思っております。小さい頃から本をたくさん読んできて、本の世界は果てしなく、感動をあたえてくれるからです。

多くの人に夢を与えられるようなファンタジー作家になりたいです。

 

 

塾の先生の添削が入ると以下のように変身します。

 

〇 ? 私の将来の夢は小説家になることです。小学校中学年から歴史にも大変興味があり司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を何度もよみ、感銘を受けました。司馬遼太郎さんの世界観は○○で、私は…続く‥‥。

 

子供が書いた趣旨とはかなり離れて添削されてきます。

 

 

具体的内容を記載する事、レベルの高い文章を書きなさいという事だと理解しました。

 

しかし

 

みみこ

実際我が家はこうしたのです!

初めての受検で、塾の先生の添削にビックリ驚いてしまいました。

先生は、「本を読んだことがないなら、面接までに読んでおいてください」

とさらっと、おっしゃいました。

「えっ、志願書の提出後、面接が1週間後なのに。」

 

我が子と相談した結果、志願書には、本の名前は出していません。

(先生すみません。)

理由は、もう1週間もないのに、

本を購入・もしくは図書館で借りて読んで、

考えを頭でまとめて、

面接できかれてもOKなように準備する期間が

足りないと感じたからです。

 

それでも、できる限り先生の添削と自分の意見をまぜて、将来の夢の志願書枠を埋めました。

 

 

そのほかの塾生が、

 

もし塾の先生の添削後、そのままの内容を志願書に書いていたとすると、

 

なんだか、恐ろしくなりませんか。

 

こんな文章と内容を小学生にかけますの?という志願書がほとんどだとしたら。

 

 

なにが言いたかったかというと、

 

やはり、レベルの高い文章・内容が必須ということです!

 

こどもが自分で書くものだから、

 

子供らしくというものは受験・受検では通用しないんだなと1人目の中学受験で驚いたことでした。

 

志願理由と将来の夢は一貫性を持たせること

 

一貫性を持たせるとは、例えば、

 

× 志願理由で、ラクロス部に入って頑張りたいと記載しまして、将来の夢は小学校の国語の先生です。

 

運動がすきなのか、文学がすきなのか一貫性がありません。

 

 

「貴校の国際教育に魅力を感じ志望いたします」のような理由を記載したら、将来の夢では国際通訳として活躍したいです。

 

上記の文章だと一貫性がありますね。

 

 

志願書を書く上で大切なこと【まとめ】

 

① いかにも子供自身が書いたという文章は期待されていない。

② 志願書に書いた内容は、面接できかれてもよいように準備しておく、

 

志願書は、自分はこんな人ですと、アピールする場所です。

 

アピールする=自分のすべてをありのままにかく。

 

ではないのかもしれません。

 

アピールする=どこまで自分の能力をアピールできるか。

 

志願書一つですが、テストの1つですね。

 

一発勝負の適性検査のペーパーテストではありませんので、

 

自分をアピールできる志願書が作成できるとよいと思います。

 

 

 

みみこ

 

最後に、小学校の先生に聞くのはNGかなと思います。

 

小学校の先生は受験・受検に肯定的や否定的な先生が様々です。

 

志願書は自分のありのままをかきなさいと

 

アドバイスされるのみだと思います。

 

塾通いしている子のアピールの仕方、

 

レベルからはるか遠ざかってしまいそうな気がします。

 

参考にしてみてください。

 

 

イラスト(ぱくたそ)さん使用

 

 

 

 

 

 

-受検まで
-